カテゴリ: 相思舊夢

3c6d55fbb2fb43162960bf7c23a4462309f7d3bd

 マリエは声をひそめた。
「しっ、言ってはだめ。でも、かなりよ。みんなが大きな声で言わなくなって、ずいぶんたつそうよ。これほど長い在位は、グラール始まって以来なのですって。それというのも、陛下のお子様がたに、女王に立たれるかたが現れなかったかdermesらだと言われているわ。今では、女王|即位式《そくい しき》の祭典《さいてん》を覚えている国民は、あたしたちのおじいちゃんおばあちゃんだけになってしまったというわけ」
「あたし……女王様に代替《だいが 》わりがあることさえ、今まで思い及ばなかった」
 フィリエルがつぶやくと、マリエはうなずいた。
「建国の始めからコンスタンス様の御代《みよ》だった気がしても、しかたないわよね。でも、世の中は動いている。これもエリゼル姉さんが言っていたことだけど、都では水面下の動きが出はじめたのですって。チェバイアット家のお嬢様が、次代の女王候補とささやかれているらしいの」
「チェバイアット家?」
 思わぬところでその言葉が出たため、フィリエルしてしまった。
「ロウランド家のお嬢様ではないの?」
 マリエはびっくりした様子で見返し、うれしそうに言った。
「あら、あなたが言うこととは思えないdermesほど鋭いわ。そうよね、チェバイアット家のお嬢様が女王候補になれるものなら、ロウランド家のお嬢様だって、なれてもおかしくないわよ。もしそうだとしたら、これ、すっごくおもしろいことになると思わない?」
 フィリエルは何がおもしろいのか、今いちよくわからなかった。星々のあいだにおわしますアストレイア――その女神に目《もく》されるグラール女王に、だれでもがなれるわけではないだろう。だが、今さら無知をさらすのも気がひけて、フィリエルは口をつぐんでいることにした。


 桟敷《さ じき》席の楽団が、あきらかに舞曲とは違う響きをもつフレーズを吹奏《すいそう》した。それを耳にして、会場に軽いざわめきが走った。何かが始まったのに気づき、フィリエルが周囲を見回すと、人々はみな顔を上げて奥の回廊を見上げていた。
「いらっしゃるのよ……お嬢様だわ」
 マリエが緊張した声でささやき、フィリエルの腕にからめた腕を締めつけた。そのせいか、フィリエルまでどきどきしてきた。手すりをめぐらせた回廊を、固唾《かたず 》をのんで見上げる。そこは、ホールで最もまばゆいシャンデリアが間近に下がるところで、隅々まで光にあふれていた。
 ほんのわずかに間をおいて、二階の正面奥から、ユーシスの背の高い姿が現れた。深緑の衣装は、この場を制する落ち着きを彼に添えている。それでいて、若く瑞々《みずみず》しくもあった。ユーシスは自分の体裁《ていさい》ではなく、導いている少女に全神経を払っていた。
 続いて現れたのは、| 曙 《あけぼの》の空を染めるよdermesうな淡紅に身をつつんだ、繊細《せんさい》可憐《か れん》な少女だ。二人が階段の上に並ぶと、会場から自然と拍手がわきおこった。
 だれもがルアルゴーの誇りとしたいような光景だったのだ。階上の少女は、拍手に驚いたように伏せていた瞳を上げ、隣に立つ兄を見上げた。そして、そこに安心できるものを見出したのか、会場に向かってほほえんだ。バラの蕾《つぼみ》がほのかに開くようなほほえみだった。
「おかわいらしいかた……」
 マリエが感動した様子でささやいた。

2-140319213003

有很多時候,我都覺得我活在那些恍惚不明的時光中。因為你的突然到來,我興奮的忘乎所以,說不清屬於前世的緣分,還是今生的糾結。那種無以名狀的恐懼,便由然而生。一直潛在思維的深處,我固執的相信reenex 價錢總有一天,我的愛會生根、發芽、開花、結果。於是我耐心的為這份不解之緣灌溉,修飾。潛意識裏一直認為,你為了赴這場千年之約,路過花開,路過流雲,路過熟悉,路過陌生,千帆過盡,棲息成蝶。因為我一直沒有出現,你就一直痛苦的堅持著。所以,我加倍的珍惜你。也不枉你我緣分一場。

穿越時空,赴蘭亭之約,我為你寫序,無關風花雪月,一觴一詠,一指一語!斟一曲高山流水入樽,一聲一字,一樂一知音,等你讀懂紫色的風景。以鍵為弦,指尖流觴,我用文字相邀,不做你的百轉千回,只做你隔世離空的知己!

琴如流水,拂過眷念;蕭如落花,難掩情深。沉溺在虛擬的世界裏,背叛了現實的章節,我有點回不來了。那種固執的虛擬感一直在我腦子裏潛伏,我甚至有些迷醉。那些我一直在懷念和逃避疼痛的青澀時光,在橫流的沖刷中,還是顯示出它經久不衰的生命力。我一面迎著太陽,企圖讓我新的日子寫滿我的生活,可這種祈求來臨的日子拉得一長再長,我有點麻木了。

另一面我躲在黑暗潮濕的角落吞噬著reenex 價錢真亦幻的記憶,笑著哭著,喊著鬧著,像個夜裏不知疲倦的精靈。寂寞的走在那些繁華已過的故城中,歎著那些漸行漸遠的腳步,已是幾時繁花幾時心,幾時明月幾時魂。你隨手撒下的夜,我無論用了多久在蒙朧的月色中仍然找不到出路。

我喜歡一個人穿梭在這個日益繁華的城市,我喜歡看每一張陌生的臉,猜測他們此刻在想什麼,擁有怎樣的生活,對生活持什麼樣的態度。每天都能看到那些既漂亮又豪華的轎車,從我身旁以它最華麗的姿勢滑過。車裏面的女人臉著濃彩,用一種很難看的姿勢叼著煙,不屑一顧的向前駛去。

我從來都不敢說愛,因為我不懂怎樣去愛。素顏迷夢,我以花的姿態盤踞髮髻,儘管花期早已錯過,前行的背包裏只盛裝蓮的心事,深深地歎息:無緣的你,不是來得太早,就是太遲!在最美麗的時候,你又遇見了誰?走過青春繁盛的街角,駐足在荒蕪的凋零季節。故事繁華如夢,歲月蒼涼如歌。未知的黑暗裏我還在固執地期待一同走過。

可現實這片白色的荒原中,卻只有我繼續做著reenex 好唔好天荒地老的夢。不知物也不是人也非。我就這樣蒙著眼睛捂住耳朵,在冰封的空氣中聆聽來自遙遠的心跳。在你的宇宙裏,我始終是一顆沙礫,卑微活在你的世界,給過我自以為是的幸福。你眼睛裏的希望忽明忽滅,它在你的世界沒有溫度,可以選擇逃離麼?

陌上紅塵,一紙素白,惹了誰的相思舊夢;光陰如花,一曲終散,斷了誰的塵世纏綿;相思如夢,一季花開,婉約了誰的經年往事。不了的情緣,在流年裏旖旎;刻骨的相遇,美麗了生命;輕盈的呼吸,融入太多彼此的身影。你是一縷沉香,帶著深情,帶著愛意,為我聚散中醫癌症繞指;我是一縷風響,帶著相思,帶著柔情,為你默默守候。花開的時候,將我的溫婉,寫在你的眉眼;花落的時候,將對你的眷戀,留駐我的心城。

總以為,一場花開,遇到你便是幸福的花序;總以為,一世輪回,擁有你便是圓滿的結局;總以為,紅燭燃盡,許下的天長地久便會成真。後來,才懂得那是一場時光輪回的錯,那是一場花季開落的錯,那是一場姻果難全的錯。念你,在每一個夢裏;想你,在每一次醒後;思你,在每一個晨鐘;戀你,在每一次暮鼓。寧願是一陣風,刮起,你的呼吸就會在裏頭;寧願是一場雨,飄落,就讓你把我濕濕的擁在心頭。人生無涯,我飄轉,淺舞,似一道彩虹,用盡生命的美麗,只為迎來你回眸的一顧。

茶涼了,倒掉;身涼了,穿衣;心涼了,又當如何呢?紅塵看破了,只不過是沉浮;生命看破了,只不過是無常;情看破了,只不過是聚散。紅塵邂逅,何須情深緣淺。相逢,便是最美的風景。記憶的夢裏,梨花飛雪,留下一世蒼涼。多少次凝眸,思緒淩亂在孤寂的風中。任思念扯痛麻木的神經,卻不願輕移半步,怕你看不見我的身影。終於明白,愛你,是一場宿命。因為真的愛你,不會回頭。卻寧願為你付出所有,一生默默守候。

風來,只是一道道漣漪,終究會歸於平靜;雨落,只是一些些湧動,終究會落幕成寂;雲過,只是一處處風景,終究會成為記憶。流年旖旎,我穿越唐風宋雨的旖旎與疏狂,在繁華紅塵中,只為尋覓那一縷熟悉的情緣。香榭書閣,你行走在文字之間,墨韻清淺。清風徐來,我幽若蘭香,盈立你身畔。荷韻淡淡,琴弦渺渺,瀲灩一池碧水。對著無限眷戀,允我許一份真誠,書一筆詩意。低眉不語,任愛意在字裏行間靜靜流淌。惟願歲月靜好,你我不散。

多麼希望,我是你桌上的一杯清茶,渴了,能為你潤潤喉;多麼希望,我是你路途中的一個石凳,累了,能讓你歇歇腳;多麼希望,我是你盛夏時的一把摺扇,熱了,能給你扇扇風;多麼希望,我是你休閒時的一粒開心果,吃了,能感到噴噴香。相遇的場景,如詩透明質酸下巴韻畫卷,讓人深深沉醉。相知相惜的深情昇華成一闕闕婉約的唐詩宋詞,於彼此心中深深珍藏。青山遠岱,楊柳依依。暖了心,潤了眼。那年,那月,那日,你如約而來,赴一場舊夢。只一眼,便似萬年。歲月無言,相逢不語。虔誠為你許下心願。惟願你一世安暖,幸福相伴。

↑このページのトップヘ