2015年08月


 やがて新総督が上がってきた。メレッサに頭を下げている。と、耳元のイヤフォンから「お言葉をお願いします」と、コリンスの声が聞こえた。
「そなたを、ルビルの総督に任命する」
 練習したとおり、できるだけ威厳を持って言った。これで彼女の仕事は終わりだ。
 ほっと一息つけ、やっと回りの様子を見ることができるようになった。舞台の前には椅子が並べられていて、ものすごい数の雋景 課程人がはるか遠くまで整然と並んで座っている。宙に浮くカメラが何台も彼女を撮影している。
 ルビル全土の人が彼女の姿を見ているのだ。友達やタラントさん一家も見ているだろう。どう思っているだろうか、支配者としての彼女を苦々しく見ているのかもしれない。
「姫君、退場をお願いします」
 不意に耳元から声がした。コリンスだ。立ち上がるとゆっくりと舞台の袖に向かって歩く。ずいぶんと遠く感じたが、何とか袖にたどり着いた。
「お疲れさまです」
 コリンスが笑っている。
「緊張したあ」
 メレッサは崩れ落ちるようDream beauty pro 脫毛にコリンスにつかまった。
「ご立派でした」
 コリンスはほめてくれる。
「もう、こんなこといや」
「いえ、姫君ですから、少し慣れていただかねばなりません」
 これがお姫様の仕事なのだ。まあ楽な仕事ではある。
「もう少し頑張ってください。ここを出るまで」
「了解です」
 コリンスと控え室に入った。メレッサは倒れるように椅子に座った。疲れで足ががくがくする。
 コリンスはメレッサの前に立っている。コリンスは今日は一日中立っていたはずだ。
「コリンス、座ったら」
「いえ、大丈夫です」
 コリンスは真面目なので、メレッサの前では決して座らない。疲れているから座ったらいいのに。
「コリンス、命令です。座んなさい」
「いえ、私は慣れていますから」
 椅子にずっと座っていたきついのに、もっと大変な仕事をしていたコリンスはもっと疲れているはずだ。それなのに休もうとしないコリンスに少し腹がたった。
「コリンス、私の命令が聞けないのですか」
 メレッサはきつい口調で言った。何が何でも座らせてやる。
 彼は戸惑っていたが、命令とあれば従うしかないと思っただろう、近くの椅子に浅く腰をおろした。
「あなたが座らないと、私もゆっくり休めないわ」
「すみません」
 彼は居心地が悪そうに座っている。メレッサはコリンスを見ていた。
 彼はすごく真面目で、仕事もできて、しかも雋景 課程整った顔をしている。
 彼は私のことをどう思っているのだろう。お姫様としか思っていないのだろうか。すこし、からかってみたくなった。
「コリンス、あなたって立派ね、惚れ惚れしちゃう」
 コリンスは驚いたようにメレッサをみた。
「そろそろ、提督の演説です。確認してきます」
 彼は、ほとんど休まずに部屋を出て行ってしまった。

3c6d55fbb2fb43162960bf7c23a4462309f7d3bd

 マリエは声をひそめた。
「しっ、言ってはだめ。でも、かなりよ。みんなが大きな声で言わなくなって、ずいぶんたつそうよ。これほど長い在位は、グラール始まって以来なのですって。それというのも、陛下のお子様がたに、女王に立たれるかたが現れなかったかdermesらだと言われているわ。今では、女王|即位式《そくい しき》の祭典《さいてん》を覚えている国民は、あたしたちのおじいちゃんおばあちゃんだけになってしまったというわけ」
「あたし……女王様に代替《だいが 》わりがあることさえ、今まで思い及ばなかった」
 フィリエルがつぶやくと、マリエはうなずいた。
「建国の始めからコンスタンス様の御代《みよ》だった気がしても、しかたないわよね。でも、世の中は動いている。これもエリゼル姉さんが言っていたことだけど、都では水面下の動きが出はじめたのですって。チェバイアット家のお嬢様が、次代の女王候補とささやかれているらしいの」
「チェバイアット家?」
 思わぬところでその言葉が出たため、フィリエルしてしまった。
「ロウランド家のお嬢様ではないの?」
 マリエはびっくりした様子で見返し、うれしそうに言った。
「あら、あなたが言うこととは思えないdermesほど鋭いわ。そうよね、チェバイアット家のお嬢様が女王候補になれるものなら、ロウランド家のお嬢様だって、なれてもおかしくないわよ。もしそうだとしたら、これ、すっごくおもしろいことになると思わない?」
 フィリエルは何がおもしろいのか、今いちよくわからなかった。星々のあいだにおわしますアストレイア――その女神に目《もく》されるグラール女王に、だれでもがなれるわけではないだろう。だが、今さら無知をさらすのも気がひけて、フィリエルは口をつぐんでいることにした。


 桟敷《さ じき》席の楽団が、あきらかに舞曲とは違う響きをもつフレーズを吹奏《すいそう》した。それを耳にして、会場に軽いざわめきが走った。何かが始まったのに気づき、フィリエルが周囲を見回すと、人々はみな顔を上げて奥の回廊を見上げていた。
「いらっしゃるのよ……お嬢様だわ」
 マリエが緊張した声でささやき、フィリエルの腕にからめた腕を締めつけた。そのせいか、フィリエルまでどきどきしてきた。手すりをめぐらせた回廊を、固唾《かたず 》をのんで見上げる。そこは、ホールで最もまばゆいシャンデリアが間近に下がるところで、隅々まで光にあふれていた。
 ほんのわずかに間をおいて、二階の正面奥から、ユーシスの背の高い姿が現れた。深緑の衣装は、この場を制する落ち着きを彼に添えている。それでいて、若く瑞々《みずみず》しくもあった。ユーシスは自分の体裁《ていさい》ではなく、導いている少女に全神経を払っていた。
 続いて現れたのは、| 曙 《あけぼの》の空を染めるよdermesうな淡紅に身をつつんだ、繊細《せんさい》可憐《か れん》な少女だ。二人が階段の上に並ぶと、会場から自然と拍手がわきおこった。
 だれもがルアルゴーの誇りとしたいような光景だったのだ。階上の少女は、拍手に驚いたように伏せていた瞳を上げ、隣に立つ兄を見上げた。そして、そこに安心できるものを見出したのか、会場に向かってほほえんだ。バラの蕾《つぼみ》がほのかに開くようなほほえみだった。
「おかわいらしいかた……」
 マリエが感動した様子でささやいた。

↑このページのトップヘ